山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net

Message

山口教授からのメッセージ


量的緩和政策が日本では“8年以上”も続いてしまったのである。
それはもはや日本のビジネス環境を形成する
「ゆるぎない」土台となって、企業経営や消費生活に
しっかりと組み込まれてしまっている。

したがって、仮に量的緩和政策が終了するとなったら、
それはまさにビジネス環境を一変させる大事件となる。

第一に懸念されるのは、企業の借入金利の急上昇である。
日銀の大量購入という下支えを失うことで国債価格が下落し、
国債利回りが急上昇する可能性は高い。

そうなれば、それに連動して企業の借入金利も上昇する。
「異次元緩和」によって超低金利の資金調達に
慣れてしまっている企業にとっては、
少しばかりの金利上昇でも大きな打撃を蒙りかねない。
また、低金利状態が先行き続くものと思い込んで
変動金利で住宅ローンを借りた消費者たちにも、
金利上昇の負担が重くのしかかることになる。

[スモールサンニュース2021.12月号より抜粋]

 
スモールサン(中小企業サポートネットワーク)主宰

山口義行(やまぐち よしゆき)
立教大学名誉教授 


 
経済や金融の情勢など、「時代」を踏まえた企業経営を推進するという観点から全国で講演活動も行っている。
中小企業支援ネットワークである“スモールサン(中小企業サポートネットワーク)”主宰者として、中小企業支援活動を全国展開している。
 

【主な実績】

〇NHKラジオ 「東京03の好きにさせるかっ!」(毎月一回出演中)

〇BS11:「中小企業ビジネスジャーナル」 (2015年7月2日~2020年9月2日最終回)
〇外務省参与 (2012年4月~2018年3月)
〇NHK総合テレビ「クローズアップ現代+」(不定期)

●文化放送「福井謙二のグッモニ!」【2013年4月4日~2017年3月30日】
●経済産業省関東経済産業局「新連携支援」政策の事業評価委員長(2009年~2016年3月)
●フジテレビ「とくダネ」(2012年9月までレギュラー・コメンテーター))
●BS11「山口義行の中小企業新聞」(2012年5月~2015年6月)ではメインキャスターを務めた。
●BSジャパン「こちら経済編集長」では、編集長兼キャスターとしてレギュラー出演。
●NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」では5年にわたって講師を務めた。
●NHKラジオ第1「ラジオあさいちばん」:ビジネス展望(2007年4月~2016年3月)
●NHKラジオ第1「マイあさラジオ」:社会の見方・私の視点(2015年4月~2016年3月)
●テレビ東京「未来世紀ジパング」(2019年終了まで不定期出演)

スモールサン

主宰・SSエグゼクティブ・プロデューサー 山口 義行

 

[SITE MAP]

山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net