山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net

執筆活動「2018」

9月 20th, 2018

 

『雑誌掲載』


        

  • 「”ゆでガエル”になるな!日本経済の今後と中小企業」納税協会『ふれあい』2018秋号-2018年9月20日

 

『スモールサン・ニュース』

  • 2017年10月号
    巻頭対談  10月20日(金)配信予定
    巻頭論文  10月20日(金)配信予定
    山口義行の「景気を読む」第106回 10月20日(金)配信予定
    連載/知っとこNews10月5日(木)配信予定
  • 2018年9月号
    巻頭情報  中小製造業の「成長戦略」を探る ~Hilltop株式会社山本副社長の発言から~』
    巻頭論文 山口教授の回ではないので不掲載
    山口義行の「景気を読む」第117回 製造業に変調の兆し!?~鉱工業生産指数3カ月連続低下~
    ・鉱工業生産指数3カ月連続低下~経産省が「判断」を下方修正~
    ・低下する“アニマルスピリッツ指標” ~生産計画を下方修正する企業が増えてきている~
    ・旺盛な設備投資が“リスク要因”になる!?~輸出にブレーキがかかってきたのに、設備投資増が続く~
    ・日米貿易交渉の行方』
    連載/知っとこNews9月号 「一服」なのか、「予兆」なのか~世界貿易の拡大止まる~
    ①世界の貿易、拡大止まる 4~6月2年ぶり 半導体需要が一服
    ②工作機械、中国向け失速 7月受注、1年半ぶり低水準』
  • 2018年8月号
    巻頭対談 “逆風”が教えてくれた”歩むべき道” ~学活企業「(株)メガネマーケット」に学ぶ~』
    巻頭論文 中途半端な日銀”政策修整” ~今後の金利動向は?~』
    山口義行の「景気を読む」第116回 徐々に広がる「先行き不安」の声!~強気一辺倒だった半導体関連業界にも変化が~
    ・4-6月期GDPは2期ぶりにプラス成長となったが
    ・期待薄の個人消費
    ・機械受注も「足踏み」
    ・鈍化してきた「輸出」
    ・強気一辺倒だった半導体関連業界にも変化が』
    連載/知っとこNews8月号 日銀が「政策修正」~長期金利の上昇続く~
    ①日銀緩和継続、副作用に配慮 長期金利上限0.2%容認 物価目標達成は21年度以降
    ②長期金利上昇どこまで 日銀は異例の国債買い入れで対応 』
  • 2018年7月号
    巻頭対談  誤解だらけの”AI” ~大事なのはAIではなくデータ、「お題」を考える人間力~』
    巻頭論文 米中貿易戦争に”勝者”はあるのか ~ポピュリズムの正当性が試される!~』
    山口義行の「景気を読む」第115回 景気がピークアウトするなか、 「ゼロ金利」にあえぐ金融機関の動きに注意!
    ●「景気動向指数」でも「景気のピークアウト」が鮮明に
    ●日銀が金融機関経営を追い詰めている!
    ●金融機関が模索する「ゼロ金利」下での「事実上の利上げ」』
    連載/知っとこNews7月号 人民元急落~今後も下落が続けは日本の景気に影響~
     米中貿易摩擦も一つの背景になって、このところ人民元が急落してきている。人民元の下落が今後一層進行することになれば、日本の対中輸出や中国人訪日観光客の消費が細りかねない。問題は、この急落が中国当局の意向を示すものなのかどうかだが・・・・ 』
  • 2018年6月号
    巻頭対談  広がる”小出式”中小企業支援 ~脱下請けを可能にした「ほこりん棒」~』
    巻頭論文  「思考を鍛える」④会社は”らせん的”に発展する ~『弁証法』的思考の勧め②~』
    山口義行の「景気を読む」第114回 「景気の転換」はいつ頃?~4-6月期大企業景況感4半期ぶりのマイナス~
    ●4-6月期大企業景況感4四半期ぶりのマイナス
    ●「景気のピーク感」を生む2つの要因
    ●先進各国は景気抑制的政策に転換
    ●懸念される需給バランスの崩れ』
    連載/知っとこNews6月号 日本の景気を左右しかねない「紅い半導体」
     中国産半導体――いわゆる「紅い半導体」――をめぐる記事が散見され始めた。

     現在、中国は日本から半導体製造装置を「爆買い」しており、これが日本の製造業の「好景気」の背景になっている。その半導体製造装置を用いた中国での生産が本格化すると、半導体の供給過剰、価格下落が起きる可能性がある。

     これは、日本の景気の先行きにも大きな影響を与える。私たちは、そんな中国の動向から目をそらすわけにはいかない。』

  • 2017年5月号
    巻頭対談 「メコン地域中国経済圏」,「米中ハイテク摩擦」~”中国の今”を知って”日本の危機”を認識する~』
    巻頭論文 山口教授の執筆回ではないので省略
    山口義行の「景気を読む」第113回 景気は“ピークアウト”か!?~1-3月期GDP9期ぶりのマイナス~
    ・1-3月期GDP9期ぶりのマイナス
    ・首都圏のマンション着工、1-3月期は前年比39%減
    ・輸出の景気牽引力が減退
    ・今後、経済成長率は徐々にダウンしていく!?』
    連載/知っとこNews5月号「中国製造2025」の撤廃迫るアメリカ
     ~日本の景気に影響も~
    アメリカが中国に対し、「製造2025」の撤廃を求めているとする憶測が広がっている。「製造2025」とは、中国政府が策定した「産業高度化」計画。その中には、2025年までに中国が必要とする半導体の70%を自前で作れるようにするといったことが含まれている。そのため、現在、中国は日本から半導体製造装置を「爆買い」しており、これが日本の製造業の「好景気」の背景になっている。中国がアメリカの要求に折れて、この計画推進に変更を加えるようなことがあれば、日本の景気にも大きな影響を与える。今のところ、中国はアメリカの要求を拒否するものとみられているが、両国間の交渉の成り行きが注目される。交渉は下記の記事にあるように、5月3~4日に開催される閣僚レベルの協議から本格化する。』
  • 2018年4月号
    巻頭対談 「育てる面接」の勧め ~人手不足下の人材採用~ 』
    巻頭論文 「理念なき経営」の末路 ~金融庁、スルガ銀行立ち入り検査」に思う~』
    山口義行の「景気を読む」第112回 ちらつき始めた2つの「かく乱要因」~「米国の保護主義」と「中国の紅い半導体」~
    ・景気動向指数~“回復”も1月の落ち込みを埋められず~
    ・大企業製造業が8四半期ぶりの悪化となった日銀短観
    ・かく乱要因は「米国の保護主義」と「紅い半導体」』
    連載/知っとこNews4月号 米中貿易戦争勃発~引かぬ中国、報復関税発動~
     米中貿易戦争、いよいよ勃発か――4月2日、中国が報復関税発動に踏み切った。米国が中国産を含む鉄鋼やアルミニウムの輸入を制限したことへの対抗措置として、120品目に15~25%の課税を実施する。中国は、この対抗措置によって米国と対等の立場で交渉することが可能になると考えている。「落としどころ」の模索が始まっているとはいえ、米中の動きは世界景気の先行きに影を落とすものであることは間違いない。それは日本の景気にも影響を及ぼす。それにしても、日本政府は米国にただただ「制裁解除のお願い」をしているだけでいいのか――安倍政権の外交力、その戦略が問われている。』

 

  • 2018年3月号
    巻頭論文  「人事」と「責任」~続・あるまじきリーダー像~』
    巻頭論文  「働き方改革」に物申す ~中小企業の現場から見た「働き方改革」の問題点~』
    山口義行の「景気を読む」第111回 好調維持しつつも、足下は減速 ~“小休止”? それとも“踊り場”?~
    ●一時の「小休止」なのか、反転に向かう「踊り場」なのか
    ●対米自動車輸出、国内向け耐久消費財出荷が大幅低下』
    連載/知っとこNews3月号 貿易戦争が始まる!?

    ~アメリカが「鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課す」~

     3月1日、トランプ大統領は「鉄鋼に25%、アルミには10%の追加関税を課す」とする方針を発表した。EUは対抗措置を採るとし、ユンケル欧州委員長は「米ハーレー・ダビッドソンやバーボン、リーバイスのジーンズに関税をかける準備を進めている」と発言した。中国も反発を強めており、米国からの大豆輸入を制限する措置をとるのではないかとささやかれている。カナダもすでに対抗措置を示唆している。こんな具合にして、いわゆる貿易戦争に突入すれば、世界貿易が委縮せざるをえない。』

 

  • 2018年2月号
    巻頭対談  櫻井浩昭の見た「中小企業の現場」~中小企業経営の「本質」とは?~』
    巻頭論文  山口教授の執筆回ではないので省略
    山口義行の「景気を読む」第110回 株価乱高下が意味するもの
    ~”非正常”から”正常”への通過点?!~
    ●史上最大の下げ幅となったニューヨーク・ダウ
    ●「景気がいい」と「株価が下がる」?!
    ●「金利が上がる」と「資産価値が下がる」という関係
    ●長年の低金利政策が生んだ「水ぶくれ」が萎みはじめた?!
    ●日本の株価下落は、たんにニューヨークに「つられて動いた」だけなのか?』
    連載/知っとこNews2月号 「働き方改革」、中小企業にも法的規制

    ~「残業規制」20年度、「同一賃金」21年度から~
    2020年度からは、中小企業についても残業時間の上限は年720時間。これを超えた場合には罰則がある。正規と非正規で不合理な待遇差をしてはならない同一労働同一賃金については、2021年度から実施――これが現在国会で議論されている「働き方改革法案」に関する政府方針である。中小企業の皆さんは、これを「よし」とするのか、それとも「問題あり」と考えるのか。いつものことだが、肝心の中小企業の現場の「声」が聞こえてこない。中小企業関係者の本音の議論が求められる。』

 

  • 2018年1月号
    巻頭山口インタビュー 起業家が語る私の”夢” ~創業経営者たちが語る「起業」「危機」そして「夢」~ 』
    巻頭論文 ”世界経済の中国化”を直視しよう ~今や、中国を”軸”に世界経済が回り始めた~』
    山口義行の「景気を読む」第109回 広がる”半導体活況”
    ~今後の消費動向がカギ~
    女性の短髪は「好景気」の証し!?
    半導体製造装置産業の活況が波及
    半導体活況は消費にまで波及していない』
    連載/知っとこNews1月号 鮮明化する「外需依存」
     本年元旦に皆さんにお送りした「山口ブログ№11」にも記したが、昨年は「中国からの需要」に牽引されて、日本の製造業の好調さが目立った年だった。「昨年10月の共産党大会に向けて中国政府が再び拡張政策を実施したこと、さらに『国家半導体産業育成計画』を実行に移したこと。これらが『中国需要』の背景」(山口ブログ№11)だった。下記の日経新聞の記事にも、「外需依存」「中国依存」が鮮明に表れている。こういう状態がいつまで続くのか、これが今年の最大の注目点である。なお、記事は、在庫の積み上がりを懸念する声もあると指摘している。 』

執筆活動「2017」

12月 20th, 2017

 

『スモールサン・ニュース』

 

  • 2017年12月号
    巻頭情報  AI、その実力は? ~BS11「中小企業ビジネスジャーナル:話題のAI、その実力を探る」から~』
    巻頭論文  (山口担当回ではないので執筆活動としては明記せず)
    山口義行の「景気を読む」第108回 “好調”を維持しつつも、年明け以降は徐々にトーンダウン~景気動向の分かれ目は来年半ば~
    ●中小製造業の景況判断指数がプラスに~10-12月期法人企業景気予測調査~
    ●海外需要に牽引された製造業景気
    ●問題は来年後半の動向~当面の先行きは慎重な見方が多い~
    ●10年物国債利回りが0.1%を超えるかどうか
    ●不動産・建設業界に大きな局面転換が到来するか
    ●半導体の生産過剰がいつやってくるか』
    連載/知っとこNews12月号 事業承継税制を活用しやすくする改革~ようやく検討始まる!~
     経営者の代替わりを後押しするため、非上場株式の相続税や贈与税を一部猶予する事業承継税制――これを利用する件数は現在年500件程度にとどまっている。政府与党はこれを2千件以上に増やすため、2018年度の税制改正で適応基準の緩和などを実施する方針を打ち出した。かねてよりこうした改革の必要を訴えてきた私としては、「やっと政府がやる気になったか」という感じだが、一歩前進であることは間違いない。ぜひとも実効性のある改革を期待したい。』

 

  • 2017年11月号
    巻頭対談 逆境を乗り越える”知恵”をもらった!(2)~「スモールサン全国研修会第一部」抄録~ 』
    巻頭論文 ”成功の中の失敗””失敗の中の成功”~「弁証法」的思考の勧め~』
    山口義行の「景気を読む」第107回 7-9月期GDP統計も、「製造“好調”、消費“伸び悩み”、住宅“転機”」を裏付け
    ・7-9月期GDPはプラスを維持したが・・・
    ・「消費」に息切れ!?
    ・マイナスに転じた「住宅投資」
    ・輸出に牽引された「製造業の好調」』
    連載/知っとこNews11月号
    意識され始めた「ぬるま湯資本主義」の落とし穴
     世界経済の好調に引っぱられた日本景気の回復、連日の株価上昇、与党圧勝に終わった総選挙がもたらす政治的安定――一見「いいことづくめ」のように見える昨今の経済情勢だが、この事態を冷静に見極めようとする論者も少なくない。以下は、日本経済新聞の「大機小機」に寄せられた論稿である。

 

  • 2017年10月号
    巻頭報告  逆境を乗り越える”知恵”をもらった! (1)~「スモールサン全国研修会第一部」抄録~』
    巻頭論文  ”野党再編”が提起した2つの問題 ~「民意」と「二大政党」』
    山口義行の「景気を読む」第106回 
            製造業は「好調」を維持、住宅建設は2か月連続マイナス
                ・「製造業の好調」続く
                ・中国製造業による「爆買い」
                ・住宅着工戸数は2か月連続のマイナス
                ・伸び悩む消費』
    連載/知っとこNews10月号 ①早ければ5~6年後にもEV量産~日米欧のメーカーが計画 ②EV化の打撃と期待~東海では35%が「打撃」と回答』

 

  • 2017年9月号
    巻頭対談  自動車の”未来”と中小企業 ~EV化は何をもたらすのか~』
    巻頭論文 “正確な情報”を”的確に伝える”のが「アラート」だ!
              ~「ミサイルの不安」を煽るだけになっていないか~』
    山口義行の「景気を読む」第105回  製造“好調”、消費“伸び悩み”、住宅“転機”
    ・「製造業の好調」映す大企業景気~17年10-12月期がピークか~
    ・好況続く工作機械受注
    ・自動車のイノベーションが今は景気にプラスに貢献しているが・・・
    ・消費は一進一退で「伸び悩み」
    ・「転機」の兆候示す新設住宅着工』
    連載/知っとこNews9月号 ①株式市場が金融緩和策の「出口」に神経をとがらす9月が始まった
    ②アパートローン急減速、4-6月期15%減』

 

  • 2017年8月号
    巻頭山口インタビュー   “ぬるま湯資本”の”今” 
             ~「ゆでガエル」にならないために~』
    巻頭論文 (山口担当回ではないので執筆活動としては明記せず)
    山口義行の「景気を読む」第104回 “一時的”との見方が多い4-6月期GDPの高成長  ~「“内需”に支えられた高成長」の実態は?~
    ・「4%成長は追い風参考記録だ」(日経新聞)
    ・「息切れ」近い? ~「買い替え需要」
    ・「背伸び消費」のあやうさ
    ・「新型車投入効果」の一巡
    ・公共投資は先細り、住宅着工にも変化の兆し
    ・期待は設備投資だが・・・』
    連載/知っとこNews8月号 迫る自動車業界100年ぶりの大変革  ~中小企業は大丈夫?~
     約4割の部品が不要になるといわれている自動車のEV化。そのEV化が加速度的に進行していくとする予測が現実味を帯びてきている。2017年のEVの世界販売は68万台だが、25年には5倍の370万台に膨らむと予測されている。すでにフランスに続きイギリスも、2040年までにガソリンなど化石燃料で走るエンジン車の販売を禁じる方針を発表した。またEV化は、トヨタをはじめ日本企業の優位性を奪うことになるとする予測もある。自動車は日本経済の基幹産業であり、関連事業で多くの中小企業が生きている。一大変革に向けて、中小企業はどんな準備を進めているのだろうか。』

 

  • 2017年7月号
    巻頭対談 「中国特需」を問う!  ~「IT景気」,「工作機械活況」の”裏側”~』
    巻頭論文  ”一強の揺らぎ”を議会制民主主義の復活に繋げよ! ~求められる民進党の「改造」~』
    山口義行の「景気を読む」第103回 業況の「改善」に広がりがみられるものの、景気は「上昇軌道」に乗れず
    ・「改善」に広がりはみられるものの・・・
    ・中小企業家同友会の調査で、業況が再びマイナスに転じた「建設業」
    ・消費支出は14カ月連続マイナス~夏のボーナスも減少~
    ・設備投資の先行指標「機械受注」~政府が8か月ぶりに基調判断を下方修正~
    ・中国景気のトーンダウンにも要警戒』
    連載/知っとこNews7月号 米新車販売、減少局面入り鮮明に
    先月号の「景気を読む」のコーナーで、アメリカの自動車販売の落ち込みが深刻化していく可能性が高いと述べたが、17年1~6月期の新車販売が前期比2.1%減。8年ぶりの減少となったことが明らかになった。ちなみにトヨタは3.6%減である。日本の製造業への影響が懸念される。』

 

  • 2017年6月号
    巻頭レポート スモールサン会員アンケート ~ネットワークを活かす!~』
    巻頭論文 今、ニッポンの”品性”が問われている! ~大丈夫なのか? 政治、メディアそして国民~』
    山口義行の「景気を読む」第102回 ふらつきながら「足踏み」続ける景気
    ~4-6月期企業景況感軒並みマイナス~
    ・法人企業景気予測調査で4-6月期は軒並みマイナス
    ・アパートローンが急減速
    ・減退し始めたアメリカの消費
    ・中国特需に沸く工作機械業界の行く方』
    連載/知っとこNews6月号 
    ①アパートローン減速~なおも建築続き、空室率上昇~
    ②「中国特需」~活況呈する工作機械業界の背景~』

 

  • 2017年5月号
    巻頭対談  「一帯一路」「新常態」「共産党大会」 ~中国経済の動向と日本への影響~』
    巻頭論文   (山口担当回ではないので執筆活動としては明記せず)
    山口義行の「景気を読む」第101回 景気の実態は「足踏み」~GDP統計に惑わされるな~
    ・1-3月期GDP成長率~「実質」は2.2%増だが、「名目」は0.1%減~
    ・「持ち直し」が見られない消費、「足踏み」続く設備投資
    ・期待は「半導体関係」の輸出』
    連載/知っとこNews5月号 16年の倒産・廃業の合計件数は3万8000件
    ~アベノミクスがスタートする前の2011年と同水準~』

 

  • 2017年4月号
    巻頭座談会 売れる営業マンの育て方~あらためて「営業とは何か」を考えてみよう!~』
    巻頭論文 老舗の流儀~”「虎屋」社長と「エルメス」前副社長の対談”を読む~』
    山口義行の「景気を読む」第100
    回 揺れる為替」で「揺れる景気」
    ~トランプラリー終了後の日本景気
    ●118円から108円へ~トランプで揺れるドル円相場~
    ●アメリカ経済の先行きに陰り?
    ●トランプ政権の口先介入
    ●「3つの注目点」のその後は』
    連載/知っとこNews4月号 ①住宅ローン金利一斉引き上げ~「マイナス金利時代」の終焉~
    ②日銀短観~足下改善も先行き見通し悪化』

 

  • 2017年3月号
    巻頭対談 (山口担当回ではないので執筆活動としては明記せず)
    巻頭論文 (山口担当回ではないので執筆活動としては明記せず)
    山口義行の「景気を読む」第99回
    「息切れ」感が見え始めた景気~注目点は3つ~
    ●再び景況感が悪化しはじめた! ~1-3月期「法人企業景気予測調査」~
    ●昨年後半の「回復」に“息切れ”
    ●米中ともに自動車販売は減速
    ●注目点1――電子部品の好調がいつまで続くか
    ●注目点2――落ち込み懸念増す住宅建設
    ●注目点3――金利動向』
    連載/知っとこNews3月号 (1)アメリカ新車販売落ち込み続く
    (2)米新車販売1.1%減』

 

  • 2017年2月号
    巻頭対談  ”空室問題”に挑む中小企業
               ~中小企業が担う「ソリュージョン・ビジネス」~』
    巻頭論文  トランプ大統領と日本経済 ~日米首脳”蜜月”の代償は?~』
    山口義行の「景気を読む」第98回 強まる“外需依存”と高まる“リスク”
    ・内需冴えず、外需依存強まる
    ・中国でもアメリカでも今の自動車販売は落ち込みが予想される
    ・「国境税」というリスク
    ・日本の金利上昇リスク』
    連載/知っとこNews2月号 日銀の金利上昇抑制力に“疑問符”がつき始めた!』

 

  • 2017年1月号
    巻頭対談  JICA副理事長VSスモールサン主宰 ~日本の中小企業の国際貢献と海外ビジネス~』
    巻頭論文 「4年で雇用250万人増」の中身を問う  ~本当に”アベノミクスの効果”なのか?中小企業の人手不足はどうなるのか?~』
    山口義行の「景気を読む」第97回 揺れる市場、不透明な景気先行き
    ・揺れる市場
    ・「便乗相場」の限界
    ・いよいよ飛び出した「トランプ氏の“ドルは強すぎる”発言」
    ・日本の不動産投資にブレーキをかけた中国政府!
    ・「消費」は低迷、「生産」は「まだら模様」、「先行き」は不透明』
    連載/知っとこNews1月号 ①事業承継、経済産業省が指針作成
    ②“日銀買い”で「ゆがむ株価」
    ③大手銀行、住宅ローン金利引き上げ』

執筆活動「2016」

12月 5th, 2016

 

『スモールサン・ニュース』

 

  • 2016年12月号
    巻頭討論会 抄録:第2回女性経営者サミット~「女性経営者&女子大生」の集い~』
    【拡大版】景気を読む 第96回 ”激動の予感、2017″~「トランプ「イエレン」「習」「黒田」”4っの変数”の絡みをどう読み解くか~』
    巻頭論文 「”バブル検証”本」に学ぶ~「バブルー日本迷走の原点ー」「住友銀行秘史」「検証 バブル失政」~』
    連載/知っとこNews12月号 信用保証制度の見直し案
    中小企業に直接的に関わるニュースです。経済産業省と自民党が信用保証制度の見直し案をまとめました。信用保証協会が保証をする際には、銀行に一定額の無保証融資を求めるなど、今後の融資の在り方に変化をもたらす可能性もあります。ぜひ目を通しておいて下さい。
    以下は11月26日付日本経済新聞の記事の引用です。』

 

  • 2016年11月号
    巻頭対談  ”人活企業”に聞く~「人が育った分だけ、会社が成長する」~』
    巻頭論文  社長たちのブログ~「営業とは」「経営者の使命」~』
    山口義行の「景気を読む」第95回 “トランプ便乗相場”に惑わされるな! ~「内需低迷」続く日本経済の現実~ 』
    連載/知っとこNews11月号 ① 返済猶予だけでは中小企業の再生は難しい
    ② 金利引き上げ後の米消費に注意 』

 

  • 2016年10月号
    巻頭対談  ”女性の活用”で”会社を変える!”
             ~会社を変えた「わが社の女性支援プロジェクト~」』
    巻頭論文  あるまじきリーター像
             ~「豊洲市場」「新銀行東京」問題と石原元都知事~』
    山口義行の「景気を読む」第94回 “消費不況”の様相強まる
                      ~小売業では「デフレ回帰」~
    ・“ゆるやかな下降”続く
    ・鮮明化する「消費低迷」~事実上の「12か月連続」減少~
    ・小売業界では「デフレ回帰」
    ・円相場の行方は』
    連載/知っとこNews10月号 ① 大企業は低空飛行、中小企業は緩やかな下降~スモールサンの「景気判断」が日銀短観でも実証~
    ② 広がる需給ギャップ~不動産業界の現状~』

 

  • 2016年9月号
    巻頭対談 “ぬるま湯資本主義”を考える(下)~「ゆでガエル」にならないために~』
    巻頭論文 ”人括””学活””地域活”~スモールサン会員企業の「活かす力」~』
    山口義行の「景気を読む」第93回 “緩やかな下降” 続く中小企業景気
        ~限界近づく「量的緩和政策」の今後を注視せよ~
           ・裏切られた「回復期待」~依然として景気は「低空飛行」~
           ・「設備投資に持ち直しの兆し」は本物か
           ・広がる不動産市場の需給ギャップ 
           ・今後の金融政策に注目を』
    連載/知っとこNews9月号 住宅ローン金利引き上げへ~テーパリング開始予想による国債価格下落を反映~
     スモールサンニュース前月号の巻頭論文「“テーパリング”って知っていますか?」はお読みいただいたであろうか。
     テーパリングとは「量的緩和政策の縮小」を指す言葉。これが開始されると「日銀の買入れ額が縮小されるのであるから、国債価格の下落は回避できない」。したがってまた、国債利回り(長期金利) が上昇し、これが企業向け貸出金利や住宅ローン金利の引き上げにつながる。このように、テーパリングは中小企業経営者にとっても影響は大きいから、強い関心を持っていてほしいと書いた。』

 

  • 2016年8月号
    巻頭山口インタビュー “ぬるま湯資本主義”を考える(上)~「ゆでガエル」にならないために~』
    巻頭論文 ”テーパリング”って知っていますか?~中小企業経営にも多大な影響が!~』
    山口義行の「景気を読む」第92回 “緩やかな景気下降”続く~今後の金融政策に注意を~
    ・「低空飛行」~4-6月期GDP実質0.2%増~
    ・「住宅投資」の高い伸びは一時的!?
    ・広がる「テーパリング」の憶測
    ・忍び寄る“金融面での「潮目の変化」”』
    連載/知っとこNews8月号 異次元緩和政策への批判相次ぐ
                 ~広がり始めた“出口論”~』

 

  • 2016年7月号
    巻頭論文 2つのショック~「3分の2、なにそれ?」~』
    山口義行の「景気を読む」第91回 【相次ぐ「通年見通し」の下方修正 ~年後半も “緩やかな景気下降”続く~】
    ●政府が「2016年成長率予想」を大幅“下方修正”~1月時点予想の1.7%から0.9%成長へ半減~
    ●5月の機械受注統計でも政府は基調判断を“下方修正”~「持ち直し」から「足踏み」へ
    ●1~6月のマンション発売、首都圏24年ぶりの低水準~通年予想を大幅に「下方修正」~
    ●当面は“緩やかな景気下降”が続く~水面下で高まる「アベノリスク」~』
    連載/知っとこNews7月号 国債保有、日銀が3分の1超す
    ~参議院選挙後は「量的緩和策」の“出口論”に関心が~』

 

  • 2016年6月号
    巻頭鼎談 「一社依存型工事業」から、「自立型の小さなゼネコン」へ!
     ~「スモールサンでの学び」と「隣接異業種への展開」が未来を拓いた~』
    巻頭論文 国債買い取り義務、もう負いません
         ~三菱東京UFJ銀行の『資格返上」が意味するもの~』
    山口義行の「景気を読む」第90回 非製造業にも広がりつつある景況悪化
    ~“消費増税再延期”で16年度景気はさらに低迷する?!~
    ●“増税再延期”で「駆け込み需要」期待が“消えた”!
    ●大企業や中堅企業でも「景況悪化」企業が急増
    ●景況悪化が“非製造業”にも広がり始めた
    ●「強気の見通し」が繰り返し裏切られるのが“景気下降局面”
    ●原材料コストや人材採用の環境は「好転」が期待できる』
    連載/知っとこNews6月号 管理会計を導入した中小企業の固定資産税が3年間半額になる~中小企業等経営強化法~
     管理会計を導入するなどして経営力強化を進める企業は、3年間固定資産税を半額に割り引く――そんな法律が成立した。中小企業等経営強化支援法である。』

 

  • 2016年5月号
    巻頭対談 吉満大輔×萩原直哉 買収される日本の大手メーカー~シャープ買収に見る日本製造業の現状と今後~』
    巻頭論文 消費増税「再延期報道」に思う~
         「再延期」なら、首相はこれまでの言動とどう辻褄を合わせるのか!?~』
    山口義行の「景気を読む」第89回 “景気低迷”示すGDP統計、“景気失速”示す中小企業景気指標
    ~業況悪化の広がり示す中小企業家同友会調査~
    ・「うるう年効果」を差し引けば、1-3月期の実質成長率は年率0.5%増
    ~10-12月期1.7%減からの反発力が弱く、景気低迷が鮮明化~
    ・低迷する消費  ~「うるう年効果」を除くと1-3月期は0.0%増~
    ・マイナスに転じた設備投資  ~アベノミクス(円安誘導策)の終焉を象徴~
    ・景気失速を示し始めた中小企業指標  ~業況悪化の広がりを示す中小企業家同友会調査~』
    連載/知っとこNews5月号
    ①中小の経営者交代「好影響」~2016年度中小企業白書から~
    ②米、日本の為替政策「監視」~円高圧力強まる』

 

  • 2016年4月号
    巻頭対談 「市場の壁」はこうして越えろ!~隣接異業種への展開で沖縄を代表する企業に~』
    巻頭論文 スモールサンの「活動理念」~ますます高まるスモールサンの存在意義~』
    山口義行の「景気を読む」第88回 逆回転をはじめたアベノミクス
    ~円高、株安、マイナス金利政策の失敗~
    ・円高、株安~逆回転を始めたアベノミクス~
    ・背景にアメリカからの“円安牽制”
    ・アメリカの許容範囲内でしか貨幣主権を行使できない日本
    ・鮮明化する消費減退と設備投資抑制
    ・マイナス金利政策の失敗が明らかに 』
    連載/知っとこNews4月号
    ①景気失速懸念強まる~日銀短観、アベノミクス起動時の水準まで低下~
    ②公的年金の損失額、参院選前に発表せず』

 

  • 2016年3月号
    巻頭対談 中国経済の現状と今後~中国の多様性に目を向けよ!~ 』
    巻頭論文 NHK「クローズアップ現代」と中小企業~”本当のこと”を伝えるメディアがまたひとつ消えた!~』
    山口義行の「景気を読む」第87回 
    たしかに「潮目は変わった!」 ~軒並み悪化した景気指標~
    ・潮目が変わった! ~円安による「あぶく銭」を労使で分け合う構図が終焉~
    ・高まる消費減退の可能性  ~支持率低下を心配し始めた安倍政権。消費増税先送りも~
    ・軒並み悪化した景気指標  ~「法人企業景気予測調査」はすべてマイナス~
    ・大きくなった「本格不況」の足音  ~設備投資にもブレーキが掛かってきている~』
    連載/知っとこNews3月号
     ①景気失速懸念強まる~日銀短観、アベノミクス起動時の水準まで低下~
     ②公的年金の損失額、参院選前に発表せず』

 

  • 2016年2月号
    巻頭対談 “隣接異業種”で”隣接異業種”へ
        ~中小企業がグループを組んで新規ビジネスに挑戦~ 』
    巻頭論文 「本格不況」の”足音”が聞こえる! ~”不況への備え”を怠るな!~ 』
    山口義行の「景気を読む」第86回 10~12月期GDPマイナス成長。「1-3月期もマイナス成長」の可能性は?
    ・10-12月期マイナス成長
    ・年明け以降、消費、輸出、住宅投資は一層低迷している
    ・注目は設備投資の動向』
    連載/知っとこNews2月号 ①10~12月期成長率マイナスの可能性
               ②大企業の業績が急速に悪化』

 

  • 2016年1月号
    巻頭対談 “貢献”と”ビジネス”~あるボウリング場経営者の試み~』
    巻頭論文 日本経済は「”三ない”時代」に突入!~2016年冒頭に思うこと~」』
    山口義行の「景気を読む」第85回 「けん引役なき世界経済」へ~2016年波乱の幕開け~
    ○波乱の幕開け~メディアに飛び交う「リーマン・ショック以来」、「戦後初」~
    ○“世界経済のけん引役喪失”~「人民元引き下げ」と「資源価格下落」はそれを示す“サイン”~
    ○すでにピークアウトか~「爆買い」と中国マネーによる日本の不動産投資~
    ○期待薄の“アメリカ経済”と“国内消費”
    ○2016年は「偽」から「真」へ』
    連載/知っとこNews1月号 ①「爆買い」ピークアウトか
                ②実質消費3カ月連続の減少』

執筆活動「2015」

12月 31st, 2015

『雑誌掲載』

 

  • 「『三本の矢』が中小企業から活力を奪っている」『文芸春秋オピニオン2015年の論点100』
  • 「検証 アベノミクスという『幻想』」『ひろばユニオン』2015年12月号

 

『スモールサン・ニュース』

 

  • 2015年12月号
    巻頭対談 “担保や格付けによらない貸出”で中小企業を支援~メガバンク常識から転進した信用組合理事長の”本気”~ 』
    巻頭論文 スモールサンが選ぶ”今年の漢字”「偽」』
    山口義行の「景気を読む」第84回 米利上げの影響は?~強まる“景気下振れ圧力”~
    ・アメリカが9年半ぶりの利上げ
    ・本当に「自信の表れ」なのか
    ・米国の住宅や自動車購入への影響は?
    ・強まる日本景気への下振れ圧力』
    連載/知っとこNews12月号 (1)変調きたす不動産市場
    (2)軽減税率めぐる論議盛ん』

 

  • 2015年11月号
    巻頭対談 中小企業は”海外”とどう付き合うべきか~「外国人ビジネスパートナー」「外国人従業員」との付き合い方~』
    巻頭論文 ”ミニマリスト”と中小企業」』
    山口義行の「景気を読む」第83回 「景気後退」局面に入った日本経済~3つの注目点~
    ・2四半期連続マイナス成長
    ・今後の注目点[1]~不動産市況~
    ・今後の注目点[2]~中国の消費~
    ・今後の注目点[3]~米国金利~』
    連載/知っとこNews11月号 (1)アルバイト定着のコツ
    (2)大企業製造業、今期業績予想の下方修正相次ぐ』

 

  • 2015年10月号
    巻頭対談 “事業承継の実務”~「準備不足」が引き起こす問題とは?!~』
    巻頭論文 ”はしゃぎすぎ”の「TPP大筋合意」』
    山口義行の「景気を読む」第82景気下降の加速に要注意! ~“現実”の変化に“意識”は遅れてついていく~
    ●“実質3ヶ月連続”の下方修正 ~政府「月例経済報告」~
    ●根拠を失った「回復基調」という政府判断
    ●停滞感強まる世界経済 ~中国の輸入が大幅減、アメリカの生産も2ヶ月連続マイナス~』
    連載/知っとこNews10月号 中国景気失速の影響で、生産低迷
    中国景気失速の影響が鮮明化してきています。8月の鉱工業生産指数は7月に続いて低下しました。経済状況は転換期にあります。細心の注意を払ってください。』

 

  • 2015年9月号
    巻頭対談 “マイナンバー制度”への対応は?
       ~BS11「中小企業ビジネスジャーナル:マイナンバーについて考える」から~』
    巻頭論文 株価下落の背景と”世界同時不況”の可能性』
    山口義行の「景気を読む」第81回現実味を帯びてきた「景気下降の加速」~中国経済失速で、“けん引役”失う世界経済~
     ●8月の景気ウオッチャー調査のDI値が大幅悪化~好・不況の分かれ目となる「50」を7か月ぶりに下回る~
     ●深刻な中国景気失速の影響~「納品ストップ」「中国マネー逆流」の声も!~
     ●政府は「緩やかな回復基調が続いている」というけれど・・・~生産、消費、輸出は低迷。設備投資にも“停滞感”が~
     ●“けん引役”失う世界経済~世界経済は低迷期に突入か~
    連載/知っとこNews9月号(1)中国経済低迷の理由は「過剰生産能力」~短期の景気回復は無理~
                 (2)世界同時株安から世界同時不況へ?』

 

  • 2015年8月号
    巻頭対談 “情報セキュリティ”を考える~中小企業にも迫る情報漏えいの危険~』
    巻頭論文 自由民主党の「゛自由と民主主義」を問う ~安倍首相の『70年談話」、武藤議貴也議員の発言、自民党憲法草案~』
    山口義行の「景気を読む」第80回 
    ・今年前半は「ゼロ成長」か!?~今後、「景気下降」が鮮明化する可能性も~
    ・4-6月期GDP成長率マイナス1.6% ~「緩やかな下降局面にある」とした“スモールサン景気判断”の正しさが実証された~
    ・輸出や消費の低迷は続く~設備投資計画も下方修正の可能性大~
    ・注目は、人民元切り下げの影響 ~縮小が予想される「中国マネーによる不動産投資」と「爆買い」~』
    連載/知っとこNews8月号 中国政府、「元安誘導」の可能性~変動幅拡大を表明~
     7月に起きた中国株価の下落以来、中国マネーの動向に注目が集まっています。
    スモールサン・ニュース前月号の「巻頭対談」では、「株価動向」よりも
    「人民元相場」の方が日本への中国マネーの動きにより大きな影響を与える、
    また中国政府が株価暴落を機に「元安」誘導に舵を切る可能性があるといった
    ことが話題になりました。
     同ニュース配信の5日後、日本経済新聞が下記のように「中国政府が人民元の
    変動幅拡大の方針を表明した」と報じました。対談での予想が的中した形になりました。
    今後元安が進行すれば、中国マネーの日本流入が細る可能性があります。
    中国マネーへの依存が高まっている日本経済にとって、これは大きな影響を与えます。
    経営者の皆さんも、今後の「人民元」相場の動向に注意を払うようにしましょう。』

 

  • 2015年7月号
    巻頭対談  動揺する”中国” ~中国株価乱高下で懸念される日本経済への影響~』
    巻頭論文  安倍政権「高支持率」の終焉 ~限界に至った「3つの誘導策」~』
    山口義行の「景気を読む」第79回 「踊り場」の日本景気~「緩やかな下降」の次に来るものは?~
    ・「改善」から「足踏み」へ~内閣府が景気判断を下方修正~
    ・アジア経済の減速が日本の景気の足を引っ張り始めた!
    ・低迷続く個人消費~「前年比」に惑わされるな!~
    ・「設備投資動向」で景気の先行きを判断するのは危険  』
    連載/知っとこNews7月号(1)ギリシャ、国民投票で緊縮策にNO!  
    (2)自動車、建設の不調反映し、7~9月期も鉄鋼減産続く
    (3)中国株大幅下落~日本への不動産投資や「爆買い」に影響も』

 

  • 2015年6月号
    巻頭対談  深刻化する”人手不足”~中小企業経営者はこの「構造問題」とどう向き合うべきか~』(首藤若菜立大准教授)
    巻頭論文  アベノミクスの「宴」は終わった!?~日銀総裁の「円安けん制」発言を”読む”~』
    山口義行の「景気を読む」第78回 大企業の業況は「足踏み」、中小企業の業況は「緩やかな下降」~注目は、「海外景気の落ち込み」と黒田日銀総裁の「円安けん制発言」の影響~
    ・「足踏み」状態に入った大企業の業況~中小企業は「緩やかな下降」が続く~
    ・トヨタは3ヶ月連続で「内示割れ」~海外景気の悪化が影響か!?~
    ・予想を上回る東南アジア経済の落ち込み
    ・いまだ払拭できないアメリカ景気の「失速懸念」む』
    連載/知っとこNews6月号 海外景気にかげり~各国経済指標の悪化相次ぐ~』

 

  • 2015年5月号
  • 巻頭対談  ”企業家”を育てる~「創業支援家~から学ぶビジネス創造術』(鈴木村長)
    巻頭論文  大阪市「住民投票」に思う!~3つの注目点~』
    山口義行の「景気を読む」第77回 トーンダウンする「強気予想」~「米国景気」と「原油価格」に注目を!~
    ・「生産も設備投資もスローダウン、消費は外国人頼み」というのが日本の現状
    ・「失速懸念」さえ浮上してきた米国景気~米国からの圧力でさらなる日銀追加緩和策は封印か~
    ・上昇し始めた原油価格~「円安、原油安」依存の限界~ 』
    連載/知っとこNews5月号 中小企業景気の低迷続く~中小企業家同友会4期連続マイナス~』

 

  • 2015年4月号
    巻頭対談“社員研修”を考える!~こんな社員を育てたい!その思いをどうするか~』(権藤P×山口義行)
    巻頭論文日経平均は「経済を映し出す鏡」ではない!~「2万円越え」を大仰に報じるマスコミのばかばかしさ~』
    山口義行の「景気を読む」第76回
    景気判断3地域引き上げ」は日銀の“勇み足”!? ~中小企業は先行きへの警戒を怠るな!~
    ・地方選で「アベノミクス実績評価」と政府は言うが・・・
    ・日銀による景気判断の引き上げは「勇み足」
    ・低迷続く中国経済、金利引き上げの影響が心配される米国経済』
    連載/知っとこNews4月号
    ①景況感「意外」な横ばい 〜日銀短観 大企業製造業、にじむ慎重姿勢〜
    ②粗鋼生産、6年ぶり低水準 4~6月見通し 自動車向け不振』

 

  • 2015年3月号
    巻頭対談 こうすれば若者と女性が定着する会社にできる!~職人平均60歳という左官業界にも、多くの若者と女性が活躍する会社がある~』
    巻頭論文 最年少市長「無罪」判決の意義』
    山口義行の「景気を読む」第75回 原油価格の下げ止まりと円安の急進で再びコスト増が中小企業を襲う
    ・「景気はよくなりつつある」と言いたい政府と経済メディア
    ・消費増税後の落ち込みからは脱しつつあるものの、中小企業の景況は悪化傾向
    ・景気の当面の先行きは?~中小企業は「悪化」、大企業もピークアウト~  』
    連載/知っとこNews3月号 「人手不足」にピークアウトの兆候!~失業率4か月ぶり上昇、新規求人増加率大幅低下~』

 

  • 2015年2月号
    巻頭対談 宮本充也×萩原直哉  元気な生コンネットワーク~会社を変え、業界を元気にする革命時の試み~』
    巻頭論文  モノが言いにくくなったら、社会も会社もダメになる~安倍政権下の日本の”危うさ”~』
    山口義行の「景気を読む」第74回 消費増税後の落ち込みから脱しつつも、中小企業の景況はじりじりと「悪化」の傾向
    ①「景気はよくなりつつある」と言いたい政府と経済メディア
    ②消費増税後の落ち込みからは脱しつつあるものの、中小企業の景況は悪化傾向
    ③景気の当面の先行きは?~中小企業は「悪化」、大企業もピークアウト~』
    連載/知っとこNews2月号 中小企業の賃上げ、重石に!~アベノミクスで、大企業と中小企業の格差拡大~』

 

  • 2015年1月号
    巻頭対談 アメリカ経済の”今”~アメリカは日本の景気を引き上げてくれるのか⁈~』
    巻頭論文 ”思考”を鍛える!~前進はむしろ後退である~②』
    山口義行の「景気を読む」第73回
    今年も「強気予想」に反して、景気悪化!?~「アベノミクスによる”円安消費不況”」到来に警戒を~』
    ・またぞろ溢れる「強気予想」~繰り返される「3つの勘違い」~
    ・“勘違い”① :「大企業が儲かれば、景気が良くなる」という思い込み~上場企業が「3月期決算は最高益だから、景気が良くなる」と報じるメディア~
    ・“勘違い”② :「円安になれば、輸出が増えて景気が良くなる」という思い込み~実績無視して「円安で成長率が上がる」と予測~
    ・“勘違い”③ : 「物価が上がれば、消費が増える」という思い込み~今や「庶民の敵」と化した日銀~
    ・アメリカの景気回復は日本経済にとって本当にプラス要因なのか
    ・「中小企業を取り巻く経済環境は悪化する」という予測の下で、生き抜くための経営戦略を!』
    連載/知っとこNews1月号
    ①与党の税制改正大綱が決定 ~中小企業増税は先送り~
    ②値上げラッシュ ~消費力減退で景気下降も~』

執筆活動「2014」

1月 31st, 2015

    [雑誌]

    ●「日本の『ものづくり魂』が果たす国際貢献」『mundi』NO.14、JICA、2014年11月号
    ●「法人税減税は必要か 中小企業増税とセットでは経済成長を妨げる」『エコノミスト』2014年9月30日号
    ●「法人税減税と中小企業増税~株価対策と化した成長戦略」『世界』2014年8月号
    ●「座談会: 第三の矢 成長を知らない『成長戦略』」『文芸春秋』2014年7月号
    ●「中小企業を押し潰すアベノミクス」『世界』2014年2月号[執筆は2013.12]
    ●「金融機関は『情報・安心』の提供を 中小企業の“事業創造”を支援せよ」『金融ジャーナル』2014年1月号[執筆は2013年11月]
     

    著書

    • KADOKAWA・中経出版 2014年2月22日 初刊
      『社長の経済学』

     

      『スモールサンニュース』

    • 2014年12月号
      巻頭論文 アベノミクスの継続は”信任”されたのか
      ~「自民勝利」報道への疑問~』
      巻頭レポ 大崎まこと(経済ジャーナリスト) スモールサン巻頭合同ゼミ大会
      ~中小企業のネットワークをより広く、よの深く~』

      山口義行の「景気を読む」第70回【14年度はマイナス成長 ~来年の注目点はアメリカの金利引き上げのタイミング~】
      ・14年度はマイナス成長 ~スモールサン2月号の予想が的中 !~
      ・アベノミクスの「景気押し下げ効果」がますます鮮明化してきた!
      ・注目すべき「アメリカの金利引き上げ」の影響』
      連載/知っとこNews12月号 自民が「勝利」すれば、円安は1ドル130円に向かう?! ~円安、一時119円台~ 』
    •  

    • 2014年11月号
      巻頭論文 大義なき解散・展望なき解散
       ~一層の物価高・コスト高を「良し」とするか否かが問われる「選挙」だ!』
      巻頭対談 石川大雅×山口義行 人を生かし、会社を元気にする「能力開発」とは何か』
      山口義行の「景気を読む」第71回2期連続マイナス成長の衝撃 ~高まる景気後退懸念~
      ・7-9月GDP成長率マイナス1.6%~消費税再増税は先送り、解散総選挙へ~
      ・年度後半景気悪化が鮮明化する可能性高まる~円安加速でさらなる消費落ち込みも~
      ・海外景気も低迷』
      連載/知っとこNews11月号 日銀追加緩和
      ~株価とメンツの重視で、国民と中小企業の首を絞める黒田日銀総裁~』
    •  

    • 2014年10月号
      巻頭対談 日本の「ものづくり魂」が途上国の未来を明るくする
      ~株式会社タイワ精機とカンボジアと外務省・JICA~』
      巻頭論文 中小企業への外形標準課税の導入、来年度見送り
      ~油断大敵! 再来年度はさらに大幅な増税に!~』
      山口義行の「景気を読む」第70回景気は「後退局面」入り!?
      ~安部政権と黒田日銀総裁が”政策転換”に躊躇すれば、スタグフレーションへ突入~
       ・「下方への局面変化」を示した政府の景気指標~中小企業経営者は「景気下降」を踏まえて経営計画の立直しを~
      ・円安の評価を巡る経済界と日銀のズレ~円安に悲鳴を上げる経済界と「円安はマイナスではない」と言い続ける黒田日銀総裁~
      ・最大のリスク要因は、「アベノミクスの敗北」を認めようとしない安倍首相と黒田日銀総裁~このまま行けば、スタグフレーション入りは必至~ 』
      連載/知っとこNews10月号 今月は「円安」関連の3つです。
      1.大企業も「105円を上回る円安は困る」が多数
      2.経団連会長も「これ以上の円安は日本経済にマイナス」
      3.黒田日銀総裁「円安はマイナスではない。更なる緩和も」』
    •  

    • 2014年9月号
      巻頭対談 “アントレプレナー”な経営者たち!
      ~1人の学者と20人の経営者が切り拓いた新規ビジネスと中小企業運動~』
      巻頭論文 それでもアペ゛ノミクスを讃える人たち~「朝まで生テレビ」に出演して~』
      山口義行の「景気を読む」第69回 経済指標の悪化続く!
      ~消費者は物価上昇で「節約」志向強め、「選択的消費」へ~
      ・政府も景気判断を5か月ぶりに引き下げ~個人消費の減少続く~
      ・かい離する2つの「物価指数」
      ・「物価が上がれば消費が増える」とする経済学者の「仮説」を信じてしまった~安倍首相に突き付けられた厳しい現実~』
      連載/知っとこNews9月号
      1.今年度成長率予想の下方修正相次ぐ
      2.消費低迷~政府のシナリオに狂い~』
    •  

    • 2014年8月号
      対談 “節約を売る”ビジネス!
      ~自社の「困りごと」にビジネスのヒントを見出す~星山道弘×山口義行』
      論文 しっかり見守りたい!最年少市長裁判の行方』
      山口義行の「景気を読む」第68回「失速懸念」も出始めた年度後半の景気!
      ~大幅なマイナスを示した4-6月期GDP成長率~
        ・大幅なマイナスとなった4-6月期成長率! ~年率6.8%の減少、前回増税時のほぼ倍の落ち込み~
      ・消費落ち込みの背後には実質所得の減少がある~これを軽視しているがゆえの甘利経済財政担当大臣の「強気」発言~
      ・「受注残」の解消で落ち込む自動車販売 ~今後の見通しも悲観的~
      ・輸出の低迷と輸入増で、今後成長率が押し下げられる可能性大
      ・「内需」も「外需」も低迷では、設備投資も下方修正か
      ・失速懸念増す中で、消費税10%決定か!?』
      連載/知っとこNews8月号
      1.中小企業増税広範囲に~法人実効税率引き下げの財源探し~
      2.回復力乏しい消費~6月家計調査~
      3.鉱工業生産指数、予想上回る減少~3年3か月ぶりの大幅低下~』
    •  

    • 2014年7月号
      巻頭論文「経済」と「平和」~どういう議論が必要なのか?~』
      巻頭対談 “社会人をつくる”という中小企業の役割
      ~従業員を「育てる力」の源は、経営者の「学ぶ力」にある~近藤正人×山口義行』
      山口義行の「景気を読む」第67回「政府発表」に惑わされることなく、気を引き締めて経営にあたろう! 
      ~金融機関の融資姿勢に変化の兆し。資金繰りに注意!~
      ・「政府が景気の基調判断を上方修正」の奇妙 !?~ほとんどの指標が「横ばい」ないし「悪化」なのに~
      ・いよいよ不動産バブル崩壊のプロセスが始まった中国~経済成長の足を引っ張る不動産価格の下落~
      ・金融機関の融資姿勢に変化の兆し~経営者は資金繰り管理をしっかりと!~』
      連載/知っとこNews7月号
      5月の消費、“想定以上”の落ち込み
      ~消費支出4月▲4.6、5月▲8.0%、98年消費増税時を大きく上回る落ち込み~』
    •  

    • 2014年6月号
      巻頭論文 国民の年金基金をリスクにさらしてでも株価を上げようとする安倍政権
      ~この「暴走」を、国民は傍観していいのか?~』
      巻頭対談 専門家と語る”中小企業増税問題”!
      ~急速に広がる「反対」の声~山本哲郎×山口義行』
      山口義行の「景気を読む」第66回 5月の業況悪化は本当に「想定内」なのか
      ~中小企業家同友会の全国調査が示す消費増税の影響~
      ・6割の中小企業に「消費増税の影響」~中小企業家同友会の全国調査~
      ・4割の中小企業が消費税増税分を全額価格に転嫁できず~360社(7.9%)が不当な値引きなどを要請されたと回答~
      ・4-6月期、「想定」以上に悪化した大企業景気~中小企業は7-9月期も「下降」が「上昇」を上回る~
      ・今後の景気動向にかんする注目点~先行き懸念生む「輸出の減少」~』
      連載/知っとこNews6月号
      中小企業家同友会が、中小企業向け増税に「断固反対」を表明!』
    •  

    • 2014年5月号
      巻頭論文「中小企業向け優遇税制見直しへ
      ~それでも、中小企業団体からの反発無~』
      巻頭対談 目指せ!”信念の経営”!
      ~ビジネスに「社会的使命」という魂を入れる~吉原毅×山口義行』
      山口義行の「景気を読む」第65回
      消費税増税後の落ち込みから景気は本当に急回復するのか?
      ・4月の「街角景気」、大震災後に次ぐ大幅な落ち込み
      ・急回復は本当か?~回復しても昨年の水準には戻れない~
      ・実質所得の低下と新興国不振がもたらす外需の低迷』
      連載/知っとこNews5月号
      大企業が大半を支払う法人税を減税するために、
      資本金1億円以下の中小企業も外形標準課税の対象にする!
      ~それでも、中小企業は反対の声を上げないのだろうか~』
    •  

    • 2014年4月号
      巻頭論文「20年後から現在を振り返った時、安倍首相という人物は
      日本経済を破壊するとどめを刺した張本人として語られている」byジム・ロジャース
      あなたはどう考えますか?』
      巻頭対談 逆境を跳ね返す”経営者魂”!
      ~「たくましく生きる!」をスモールサンのアイ言葉に~松波正晃×山口義行』
      山口義行の「景気を読む」第64回 消費税増税後の「今」
      〜現場から悲鳴が上がり始めた「円安によるコスト増」〜
      ・4月に入って「売上げ大幅減」の声
      ・現場から悲鳴が上がり始めた「コスト増」問題
      ・消費増税の影響が一段落した後も、中小企業の景気は良くならない?!
      ・実質所得の減少で落ち込む「内需」、それをカバーできない「外需」 』
      連載/知っとこNews4月号
      大企業が大半を支払う法人税の実効税率を下げるために、中小企業には実質的な増税を実施する!
      ~それでも怒らぬ中小企業~』
    •  

    • 2014年3月号
      巻頭論文 大企業の儲けを増やすために、中小企業への税徴収を厳しくする!
      ~それでも”モノ言わぬ中小企業”を続けますか?~』
      巻頭対談「企業再建のプロ」が語る”今求められる経営”とは
      ~「企業再建ノウハウ」は、「企業再建に陥らないためのノウハウ」でもある~島田健作×山口義行』
      山口義行の「景気を読む」第63回 消費増税直前の景気状況は?
      〜「双子の赤字」を警戒し始めた財務省〜
      ・設備投資の減退で10-12月期GDP成長率下方修正
      ・月の消費者態度指数は、2011年9月以来の低水準
      ・円安政策で「史上最大の経常収支赤字」』
      連載/知っとこNews3月号
      ①経済メデイアの「根拠なき景気楽観論」
      ~工業生産「3月から低下」でも、「景気の足取りはしっかりしてきた」と報道~
      ②経済メディアの「根拠なき消費者心理改善論」
      ~勤労者世帯の実質消費4か月連続減少、それでも「消費者心理改善」と報道~』
    •  

    • 2014年2月号
      巻頭論文 海外進出の”新たな傾向”と”対策”
      ~すべての中小企業にビジネスチャンスが!?~』
      巻頭対談 中小企業は、自社をこうして”ブランド化”せよ!
      ~「安藤竜二ブランドテキスト』発刊に寄せて~』
      山口義行の「景気を読む」第62回 消費増税で、「景気失速」はありうるか?!
      ~2014年度「ゼロ成長」の可能性~
      ・予想以上に下振れした10-12月期GDP成長率~政府の13年度目標達成は困難に~
      ・消費はすでにピークアウト~1月の「消費者態度指数」、1年1か月ぶりの低水準~
      ・設備投資もピークアウトか~昨年12月の機械受注が過去最大の落ち込み~
      ・プラス成長維持に必要な「3つのハードル越え」~14年度成長率をどうみるか~』
      連載/知っとこNews2月号  揺れる株式市場
      ~身勝手な米国の金融政策に振り回される新興国~』
    •  

    • 2014年1月号
      巻頭論文 ”思考”を鍛える!
      ~「発展」という言葉にこだわってみる~』
      巻頭対談「”いい会社”づくり」と「”いい社会”づくり」に挑む!
      ~中小企業家同友会全国協議会会長に聞く~』
      山口義行の「景気を読む」第61回【高まる先行き懸念~消費増税、売上げ減、コスト高~】
      ・足元の景況感は改善してきているが、先行き不安が高まっている
      ・「消費増税」「売上げ減」「コスト高」の「三重苦」が中小企業を襲う可能性がある
      ・誰も心配しない「日本の赤字国転落」~日本が病んできている~』
      連載/知っとこNews1月号 いよいよ1ドル105円台か
      ~円急落の危険に気づかない経済メディア〜 』
      教授のコラム/「社長」の言葉「伝わってますか?」
      第27回(最終回)「主体的」とは「批判的」であること
      〜社員の「主体性」を引き出すコミュニケーション〜』

     

山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net