山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net

ゴッドハンド2017.03.23

3月 24th, 2017

首は廻らない、真上は見上げられない、最悪の状態が続いてました。

超腓骨筋色々なマッサージも試し、ストレッチもしてみたけれど、一晩寝れば元の木阿弥だし、仕事をすればすぐに首が固まってしまうんですから・・・。(´;ω;`)ウゥゥ
ネットで調べたら、ツポでいうところの長腓骨筋腱のラインの上部なんですねぇ~。
強張っていくのを感じながら我慢していると、片や首の痛みが下に下がっていくんですね。移動時ずっと座っていたりすると、そのラインから繋がっているのか、足の小指に沿って突っ張り感で足がムズムズして寝るに寝れなくなる始末。(苦笑)

そこに現れたのがゴッドハンド♪

首の頸椎にある筋肉を親指と人差し指で頸椎から引っ剥がすようにするんです。
涙が出るほど痛いんですが、それを耐えているとすぅ~と首が軽くなるんですよぉ~。
ゴットハンド-01
ゴッドハンドは次に、横向きに寝た状態の臀部を肘でギシギシと揉んです・・・。初めは悲鳴を上げる程痛いのに、数分もすると痛気持ちよくなるんです。
次に脚の全部を伸ばすために片側正座の状態で後ろに倒れるのですが・・・痛くて倒れられない。(笑)
で、ソファーの背にもたれながら緊張せずに倒れるようしていたら、すぅっと右足小指までのツッパリ感が解消。その後ランニングマシンで10分ダラダラと歩き体をほぐした後、熱いシャワーを浴びて終わり。
それだけで脚の違和感は消え、首は廻るし、真上を見上げられるまでになったんです。

そのゴットハンドの持ち主は言わずと知れた山口教授。(笑)


で・・・思ったんですね。
色々な流儀のマッサージはあるけれど、それぞれのいいとこ取りをして組み立てられているのがゴッドハンド流なんじゃないかとね。

pose_kiri_woman

私もそうした創意と工夫で自分の体を治してみようかなぁ~。
手始めに、すぐに元に戻っちゃう右足の長腓筆の辺りの窪の違和感!
ストレッチの時に椅子に両手をついた前屈みの姿勢から、片足の膝を曲げて胸に付けてから後ろに高く上げる動作。
それを反動付けてはダメと言われたけれど、逆に意識的に延ばした片足を振り子のように後ろに放り出す勢いで高く蹴り上げてみたら、違和感も消えたし、脚が伸びたような感じでスッキリ♪
明日からやるべきことが分かったぞぉ。

山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net