山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net

視察旅行2014.07.29

7月 29th, 2014

2014.07.29TaiwaTakeo-122014.07.29TaiwaTakeo-712014.07.29PhomPenhSEZ-82

2014.07.31-02無給ですが(笑)
外務省参与を委任されて3年目の今夏
海外旅行嫌いの山口教授、東南アジアの視察旅行に挑戦してきました。

外務省のODA政策が変わり出したキッカケは
民主党政権時の財務副大臣櫻井充参議院議員が
ドイツ政府が発展途上国に行く時には、
大企業ではなく自国の中小企業80社を伴って出かけ、
ODA予算を使った援助によって国家間レベルの仕事実績を
もてるようにしているということを視察で知ったことです。

これまで大企業が大型受注を取るためのODA援助だったのが、
知名度の低い・信用度の低い中小企業でも
中小企業の技術力を活かして
海外展開出来るチャンスを国家間レベルの交渉でマッチング。
国家予算が乏しい発展途上国であるがゆえに、
その費用には日本のODA予算を使ってするということです。

この3年の間に外務省とJICAの連携によって
日本の中小企業が発展途上国に展開にし、
『その成果が形となってきてるので、是非視察して下さい』
ということで、今回カンボジア視察と相成りました。

中小企業経営者の心意気と現地の人たちのやる気が
マッチングされて始まった現地での起業が
いかに地元の人たちにとって大きな成果となっているかを知りました。

そして、現地でたゆまぬ努力と行動力で
その経済活動が成果を出せるようにとサポートしている
外務省やJICAの現場で働く人達の話を聞くことが出来ました。
今回の視察旅行で大きな成果を得られた山口教授でした。

山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net