山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net

幼児の行動解明は・・・2018.08.15

8月 16th, 2018

捜索終了後にされるのだろうか?

幼児は家から出た後、とにかくまっすぐ歩いて下りてきたという感覚しかなかったと思う。


だから、ついさっき歩いて下りてきた道じゃない方(祖父が家に繋がる別のルートだから、当然左に見える(?)家に気付いて曲がるだろうと、2歳児を最後に見た場所)の道をまっすぐ歩いて行ったわけだ。
しかも、初めて来た場所で既視感もない2歳児にとっては
『とにかく真っすぐ戻れば家に着く』という感覚しかなかったから、
角は曲がらず、二股道(?)で山に入って行く道の方が真っ直ぐな道に思えたのだろう。
あるいは、初めての場所に対する単なる好奇心から選んだのかもしれない。

ただ不思議なのはその沢の辺りはすでに探していたという話


本当に発見された沢付近を対象に探していたとすれば・・・
尾畑さんは、沢を上って上がりきったところにある道路まで沢を上ったら、
今度は更に登ってきた沢道の左横を山藪を切り拓くようにして歩いて下りる計画だったと話していた。
捜索でその沢の辺りはすでに探していたのだとすると、行方不明になってからも明るい内は
あの苔むした沢の発見場所よりもっと上まで上っていたことにならないか?

尾畑さんの話す道路まで行きついたのか、あるいはその手前で
「やっと引き返す」気になって下りて来たところだった?

上りと違って、下りるのは2歳児の足では大変なことだったろうから、
3日目にしてやっと家の近くの発見された沢に戻れたところを、
尾畑さんに発見されたのかもしれないとしたら・・・。

2才では断片的な記憶については話せても、
4日目朝までの行動を詳細に語られることはないかもしれない。
今なら残っている足跡や2歳児が残した残留物などの回収を通して、
2歳児の3日間の行動を詳細にする必要があると思う
が、
捜索後になされるのだろうか?

ネットでは、霊能者があの発見場所をすでに透視していた
とかいう話が出ているようだ。(笑)
幼児や子供を育てたことのある人なら、
こういった(大人から見てだけど)突飛な行動は
普通にあり得ることを経験済みだと言える。

私の小5の孫は、大塚駅から自転車で5分もかからないマンションに戻る所を、
真っ直ぐ走り続けて後楽園の遊園地を見て、
やっと「道を間違えた」と分かり、引返すことが出来たという事件が
つい数か月前にあったばかりです。(笑)

行方不明のニュースの中で、
最後に2歳児が確認された場所から中継していたのを見て
「この幼児はきっとあの道(山に向かう方の道)
上って行ったはず」
と思った人は
霊能者でなくても沢山いたと思う。((´∀`))ケラケラ

山口義行・公式WEB

Yamaguchi-yoshiyuki.net